Last Originの世界観面白いよね!個人の感想だよ!

トップメニュー企業・団体

概要

国籍日本

バイオロイド製造メーカー。
伝説科学が正しい訳かも。
伝説童話が母体。

バイオロイドを娯楽や芸能に起用して独自の方針を取った。
このため製造されるバイオロイドは喋り方などに独特の癖がある。

バイオロイドがガチで殺しあう番組「紅いアリーナ」を企画、製作し世界中で人気を博した。
ガチの殺し合いをやらせていたため1対1での戦闘に優れた物が多く、その戦闘力の高さは第2次連合戦争序盤で大いに発揮された。

紅いアリーナの為にバイオロイドをいつでも殺害できてしまう霧島法制定の為ロビー活動を行う他、多くの番組でかなりの死体を作っていた事がストーリー内でも明かされ、恐らくはこの世界で一番頭のおかしい企業。

製造レーベル

公式の翻訳

原文

昔の栄光に暮れていった国の企業であったが、まだ彼らの祖国は強大で高度な技術と長年の科学の伝統が残っていた。人類の晩年、その祖国の晩年に生まれた企業。伝説サイエンスは、規模では三安産業ブラックリバーに及ばなかったが、バイオロイドと世界に最も大きな影響を及ぼした企業の一つであった。

互いに大きな影響を与えあった3社、三安産業ブラックリバー、そしてPECSとは別の方法で伝説サイエンスは完全に独自の道を歩いて成長した企業である。彼らは、単純な販売や産業用バイオロイドを生成せずに、より創造的な方法で、バイオロイドの価値を創出してきた。

退化せずに着実に成長した伝説サイエンスの成功には、いくつかの理由があった。まず、彼らの祖国は、セキュリティと国防の理由で、外国のバイオロイド輸入にかなりの制限を持っていた。賢い伝説サイエンスはその隙を利用して、自分たちの国で圧倒的な市場シェアを占めることができた。祖国が巨大な国内市場を持っていたので、彼らはそれだけで巨大企業に成長することができた。

もちろん、このような成長は、単に国の保護のためだけではなかった。彼らは誰よりも強力な文化的力量を持っていたのである。一般的な基幹産業を背景に成長した他の企業とは異なる伝説サイエンスの母体は伝説童話という映画会社であった。彼らは自分たちの生まれとふさわしい全く新しい事業アイテムを持っていたそれは、人類が思い付いたすべてのファンタジーの実写化であった。つまり、彼らは、大衆が持つすべてのファンタジーを目の前で実装するために、バイオロイドを生産したものだった。

美しく身体能力に優れたバイオロイドは、すぐに新しい文化産業の尖兵となった。映画、演劇、大衆音楽、さらにはAV業界に至るまでのバイオロイドは人間芸能人を完全に置き換えられた。当然のことであった。その美しい外観は、特別な化粧や補正が必要なく、その優れた身体能力は何の特殊効果がなくても、最高の画面を作成することができた。さらに、最初から配役に合わせて自分の性格と外見を規定することまで可能したので、作成することができる没入度も到底比較することができなかった。彼らは登場するやいなや取るに足りない人間が出演したり、作成されたメディアを構築してしまった。

最も成功を収めた時代劇<デジョンラン〜枯れてしまった室町の花〜> [注:1]は、まさに伝説サイエンス成功の象徴となった。国内視聴率49%を達成したが冷たい眺めロマンスドラマはすぐにアジア全域を捕え伝説サイエンスを一気に自分たちの国で10位以内に入る巨大企業に引き上げた。血を見ることさえ恐れていない、彼らの芸術魂は堅いことはなかった。映画<エルサレムの黒い盾> [注:2] は、その年の全世界の映画を支配し、その刺激的なメディアは、地球のあちこちに広がっていった。

しかし、これらの巨大な偉業も伝説サイエンスは満足していなかった。彼らは自分たちの企業がますます発展することを望んだ。そして、その目標のために伝説サイエンスは、少し危険な方法を書き始めた。

伝説サイエンスが国内第一の企業とされた数か月後、彼らの祖国では、新しい法律が制定された。<バイオロイドの権利に関する基本法> 通称霧島法と呼ばれる方法であった。この法律を簡単に要約すると、バイオロイドは、生命がなく無生物と同じように扱い、生命権を認めないということだった。いくら残忍な人間でも驚愕するこの法は驚くべきことに、議会で特別に反対せず、圧倒的な票差で可決された。いくつかの意識がある人はその法に抵抗したが、すぐに無慈悲に鎮圧された。そして、その法をまるで待っていたかのような新しい番組が文化界を強打した。

紅いアリーナ」と呼ばれたこのリアル格闘番組は、世界中を驚愕させた。拳ではなく、本物の武器で美しいバイオロイドが命をかけて戦う現代版グラディエーターゲーム。さらに、バイオロイドは昔の伝説的な英雄をモチーフに製作されて専門的な戦闘訓練まで受けた状態だった。その残酷が美しい戦いは、世界中の放送された人々は驚愕した。バイオロイドは本当にお互いを殺すために戦っていた。

紅いアリーナ」を通じて、全世界でものすごい収益を上げた伝説サイエンスだったが、同時に、世界中の人たちがそれらに注目し始めた。残酷な不謹慎な人間。全世界の人々がそれらを呼ぶ名前だった。多くの政府からの残酷な番組をやめるよう圧力を入れたが、残念ながら彼らは政治家の庇護によりびくともしなかった。彼らの祖国に住む人々はその事実に困惑したが、ほとんどの国民が伝説サイエンスおよび関連会社であるD-エンターテイメントが提供する甘い果実に陥っていたので、彼らは大きな抵抗に激突しなかった。

その残酷さが再び水面上に上がってきたのは、数年後であった。記者と彼のバイオロイド<楽しいトモ>が命をかけて真実を明らかにしたのである。伝説サイエンスが衆議院議員の霧島を通じて継続的にバイオロイドによる性的接待を実行し、さらに戦闘バイオロイドたちに反対派を暗殺させたり、テロを起こしたりした。これらの脅迫行為によりバイオロイドの基本権が剥奪されたことがスクープされ、国民は驚愕した。そして残酷な事業がどのように国の牽制を少しも受けていないかをよく知ることになった。<霧島スキャンダル>であった。

この卑猥な真実を隠ぺいするため政治家たちは忙しく動いたが、すでに国内外の怒りは頂点に達した状態であった。さらに、すでに全世界的にエマーソン法と類似の法が続々と制定されていた。伝説サイエンスは、ここで退かなければ本当に大きな危機に直面すると判断したので頭を下げた。彼らは、新しい法律を受け入れ残忍な文化産業をほとんど停止させた。そして、自分たちのバイオロイドを公共に提供し始めた。

しかし、残念ながらバイオロイドの基本権を守ると言っていた民衆の残忍さは、伝説サイエンスと変わりなかった。市民に産業と文化のために提供されたバイオロイドは、様々な犯罪に苦しめられる日々を過ごした。自社の商品を毀損された伝説サイエンスは、これを機に状況を打開する方法を探し始めた。

チャンスはすぐに訪れた。伝説サイエンスに配達をしていた、マレーシアの文化人形というバイオロイドメーカーが政府との戦いを開始し勝利したのだ。全世界が戦乱に包まれると、伝説サイエンスも動いた。彼らはアリーナで命の奪い合いをしていたバイオロイドの武器を改造し、再訓練させて、政府との戦いを開始する。三安産業の支援に支えられ、彼らは政府を打ち砕くことに成功し、すぐに国を支配するようになった。

勝利した拝金主義者たちは、今、ブレーキを失って暴走し始めた。彼らはバイオロイドのすべての基本権を剥奪して、あらゆる残酷な媒体を作成し、さらに風速事業まで進行した。そのアイデアは、限界がなかった奇想天外なバイオロイドを多数作り出した。

彼らは世界中の文化系を支配していった。

彼らの最後の栄光は三安産業と手を汲んで開始したブラックリバーPECSコンソーシアムの連合との戦争(第2次連合戦争)だった。他のバイオロイドとは異なる戦闘スタイルの伝説サイエンスのバイオロイドは戦争序盤にかなり優れた戦果を上げる。伝説サイエンスの経営陣はさらにすばらしいバイオロイドを生産し、その情報と、大量の遺伝子の種子を自分の防空壕に深く保管した。彼らは勝利した後、三安産業との世界の共有に約束し、すぐに彼らの企業が世界最高の位置に上がるだろうと信じていた。

残念ながら、人類の滅亡によりその夢は埋め込まれてしまった。その巨大で奇妙な想像力を持つ。




-----------------------------------
コメント

1.主演:バイオロイド大内、バイオロイドくのいちゼロ?

2.主演:バイオロイドプレスターヨアンナ、バイオロイドバイバルス

管理人/副管理人のみ編集できます