Last Originの世界観面白いよね!個人の感想だよ!

年表

 公式の年表をGoogle翻訳にかけたものをベースに、メインストーリーなどの情報を加えた内容です。
2032年オリジンダストの商用化が完了する。
2049年キム・ジソクアダム・ジョーンズ三安産業を創業する。
2052年三安産業でバイオロイドエヴァを出展。生命倫理の議論があったが人間の道具化を防ぐために、バイオロイドは公式商品になる。
エヴァプロトタイプ」の原型はアダム・ジョーンズの妻エヴァ・ジョーンズ。(メインストーリー 6-5 OPより)
2053年三安産業アダム・ジョーンズエヴァ・ジョーンズの遺伝子を組み合わせて作ったバイオロイドケインを発表する。
2055年頃アダム・ジョーンズアミーナ・ジョーンズと再婚?アダムは既に廃人となっていた。アミーナはエヴァに戦闘モジュールの設置を提案する。(メインストーリー 6-5 OPより)
2056年三安産業、バイオロイドラビアタ・プロトタイプを発表する。ラビアタ・プロトタイプが示した優れた美貌と性能にバイオロイド産業の需要が生まれる。
 
ブラックリバーの社長であるアンヘル・リオボロスが本格的にバイオロイド産業に飛び込む。
 
日本の伝説童話伝説サイエンスを設立する。系列会社である伝説クールランドメディアを通じて瞬く間に世界中の文化事業を席巻する。
2057年ブラックリバー三安産業からバイオロイドケインの遺伝子地図とモジュール設計図とライセンスを購入し、T-1ゴブリンの生産を開始する。
T-1ゴブリンは、紛争地域でAGSを恐れる住民のために、すぐに多くの戦場に投入され、大きな成果を見せる。
やっと、5年ぶりに世界に100万を超えるバイオロイドの製造と販売代理店が生まれる。
2058年北米の大企業のコンソーシアムであるPECSが<ゴールデンフォンサイエンス>を取得し、本格的にバイオロイド産業に飛び込む。
PECSによってバイオロイド賃貸業が本格的に浮上し、市民の失業率が急激に高くなる。
2059年トルコ政府と猛烈宗教団体である<契約の守護者>との間に第1次アナトリア戦争が勃発する。トルコ政府は、ブラックリバーを雇用<契約の守護者>に立ち向かう。
トルコの東部の都市モースルでは、T-1ゴブリンが<モースル大虐殺>を起こす(とある記録03)。アンヘル・リオボロスはすぐに資本の力を利用してモースルの事件を<契約の守護者>が起こしたテロとして情報隠蔽を行う。
PECS、バイオロイド<秘書レモネード>の開発を完了。しかし、会社内でのみ使用するために商品に発表しなかった。
2060年過度に高い失業率に怒った市民によってニューオリンズにてデモが発生する。米国政府は、ブラックリバーを通じてT-1ゴブリンを出動させるが、T-1ゴブリンの一部が市民を虐殺する<ニューオリンズ虐殺>が発生。
市民のデモがさらに過激になると懸念したブラックリバーはT-1ゴブリンを廃棄し、予備プロジェクトであった<ケルトプロジェクト>を発動、T-2 ブラウニーの量産を開始する。
日本でのバイオロイドの生命権を削除する<霧島法>が施行される。紅いアリーナなどのプログラムが大きな人気を集めるようになる。
2061年米国政府が憲法修正に違反する<エマーソン法>を発動する。企業と製造業者が保有しているバイオロイドの財産権を侵害するこの法律にブラックリバーは違憲訴訟を出すが、全国的なデモと暴動を反乱と規定し米国の大統領が人身保護令状(Habeas Corpus)を停止すると、この法は実効性を持つようになる。
同様に全世界に広がったデモと暴動に頭を悩ませていた各国政府は、米国政府を見習って戒厳などを宣言、同社の財産権を侵害することになる。
バイオロイド製造会社は、以後、経営の継続に大きな損害を被ることになる。
2066年ブラックリバー、最高位のバイオロイドのワンオフ指揮官タイプの試験機である<無敵の龍>を発表する。無敵の龍は優れた知性で威容を誇るが、大衆の関心は人間としては不可能能力を持ったラビアタ・プロトタイプにあった。これに怒ったアンヘル・リオボロスは欠点として挙げられるバイオロイド骨格や筋肉細胞に関連する技術力を補完するために、危険な計画を立てる。
2067年ブラックリバーが、三安産業の頭脳だったが苗の理由で廃人になって左遷されたアダム・ジョーンズを拉致。しかし、アンヘルを軽蔑していたアダム・ジョーンズは、技術伝授を拒絶して拷問の末死んでしまう。
三安産業は政府と対立していたはずで新たな抗争を望んでおらず、アダム・ジョーンズの無駄も多かったと判断したキム・ジソクブラックリバーと苗の補償を受ける協定で事件を収束させる。
2068年ブラックリバーのロビー活動を介して創設された米陸軍航空隊から次世代戦力に戦闘機ではなく、P/A-00 グリフォンを選択して優れた成果を見せるようになる。これに刺激を受けた米空軍も内部に戦略軍と呼ばれる別の組織を創設。
2070年PECSを成していたオメガ工業の下請け業者の文化人形が、マレーシアにおける政府の弾圧に対抗。バイオロイドを武装させて政府を転覆させる(とある記録08)。
文化人形を見習って、各国のバイオロイドメーカーと流通社が一斉に武器を用い政府に対抗する。
アンヘル・リオボロスは政府の弾圧に対抗<5つの神聖な宣言>を発表することで、政府との戦争を開始。三安産業伝説サイエンスで同調することにより、後に第1次連合戦争(Alliance War)と呼ばれる戦争が勃発することになる。
三安産業は武装コンスタンツァ S1と武装バニラ A1で軍隊を組織、東アジアの政府軍を撃破し始める。
2071年北米、ヨーロッパ、アジアなど主要先進国が本格的に鎮圧に乗り出し、それぞれの企業が政府軍の攻勢に押される中、大きな被害にもかかわらず親政府的な姿勢をとっていたPECSがバイオロイドメーカーの側に立つことを宣言する。最も強力な重工業基盤を持ったPECSの加勢に政府はため息をついた。
ブラックリバー三安産業PECS伝説サイエンスハイランド。この5つの企業が集まって企業連合(Company Alliance)を結成する。企業連合は政府に対抗して最後まで基本権(特に財産権)を守ることを明らかにした。
2072年ブラックリバーは戦況を反転するため衛星を通じたAGSとバイオロイド制御を放棄して、現場ですぐに状況を判断することができる指揮官タイプの導入を決定。C-1不屈のマリーを製作して戦場に投入する。 C-1不屈のマリーは、大きな効率で政府軍を撃退し始める。
三安産業などの他の企業もそれに応じて、指揮官機の生産を開始する。
2074年英国のハイランド本社があるインバネスに強行された核攻撃でハイランドは実質的な首脳部と生産設備を完全に壊滅され、ハイランドは戦線から離脱する。これにより、一般市民から敵意を向けられ始める。
後にブラックリバーが英国全域を担当することになった。
2075年G-7国[注1]の中で一番最初に英国政府がPECSの猛攻撃に屈する。
まるでドミノが倒れるかのように韓国政府と日本政府がそれぞれ三安産業伝説サイエンスの攻撃に屈する。
以来、同社の結集された力によって、米国とロシア、フランスが順次企業と条約を結びながら、実際に<連合戦争>、以降の歴史では、<第1次連合戦争>と呼ばれる戦争が終わる。
最初からバイオロイド産業を禁止した中国政府は孤立を選択するも、バイオロイド産業禁止により衰退した中国は企業の大きな関心を起こさなかった。
~コメント1:当時のG-7国は、米国、中国、ロシア、フランス、英国、日本、韓国であった。
2076年米国において半企業で半バイオロイドテロリスト集団である<アンクルオーウェン(Unkle Owenn)>が組織される。 PECSはシティガードの精鋭バイオロイドであるイングリッシュ・シェパードと懲罰のサディアスを投入して<アンクルオーウェン>の首長であるリー(Lee)を射殺することに成功したが、殉教者となった彼によって、全世界では、<アンクルオーウェン>の後継組織を主張する多くの組織が生じるようになる。
2077年トルコ、シリア、クールディアで<契約の守護者>残党によって<第2次アナトリア戦争>が勃発する。
ブラックリバーはこの戦争の間に起動歩兵のT-4 ケシクを改造したC-2迅速のカーンを開発し、大きな成果を収めている。
C-2迅速のカーンの活躍で戦争はすぐに鎮圧されるが<契約の守護者>の残党が各国のテロリストに合流し、テロリズムはさらに深刻化する。
2080年連合戦争中疎外されていた地域である北朝鮮で政府が崩壊。
各政府を屈服させたにもかかわらず市民の顔色を見なければならい各企業は、自分たちが勝手に行うことができる領域を持つために北朝鮮を分割占領し、この地域を中心に非倫理的な実験と生産に多くの労働力がかかるバイオロイドを本格的に生産開始。
ブラックリバーは北朝鮮地域に<バミューダチーム>を派遣し非人間的な実験を本格的に開始する。また、北朝鮮地域においては人間のテロリストへの対応を安心して練習することができるという長所[注2]を高く評価して対テロ部隊<マングースチーム>を北朝鮮地域にて創設する。
三安産業も北朝鮮地域を強権的に支配し、数多くの遺伝子を収集して保存する場所とした。
そのほかにも多数の企業が割り当てられた領域を治め政府の上に君臨することになる。
コメント2:北朝鮮の住民がバイオロイドの練習相手になっても抗議する国はなかった。
2101年ゴビ砂漠で金属生命体<Metal Parasite NW101>が三安産業のバイオロイドによって発見される。人類が初めて見る金属合金や複雑に構成された回路などの驚異的な技術力に驚いた三安産業はこのNW101を研究し始める。
優れた諜報員を持っていたPECS秘書レモネードブラックリバー080機関は、これを捕捉して連合してNW101を奪取する作戦を展開したが失敗。2社とは最終的に協力することができないと判断した三安産業は、規模は自分よりも少し小さいが信頼できる技術力を持つ伝説サイエンスと連合して2社との情報戦を開始する。
2102年三安産業のクリーム駐留師団の<アンガー・オブ・ホード第14師団>によりサンクトペテルブルクが奇襲される(とある記録20)。これにより連合した企業同士の戦争である<第2次連合戦争>が勃発する。
これ以上の住民の顔色を見る必要がない企業は、市街戦ではなく全面戦争の形で戦争を開始し、すぐにPECS伝説サイエンスがそれぞれの連合を助けながら、戦火は拡大していった。
2103年長い間C-1不屈のマリーの短所を補完するために実施されていた<ライオンプロジェクト>が完了する。研究の結果としてC-3鉄血のレオナが誕生。C-3鉄血のレオナ三安産業で生産されたC-2迅速のカーンに対抗し戦うことになる。
2111年突然鉄虫が登場し<第2次連合戦争>は停止。人類は連合して鉄虫に対抗する<滅亡戦争>を開始することになる。
鉄虫の特性とその兵力の前にAGSが感染され、人類の軍隊はほとんどが消滅。人類は鉄虫により無差別に虐殺され始める。
2113年ロックハーバー建設。
人類連合は鉄虫が海を恐れる特性を利用して、各島に残った人類と武器や生産設備を移転し始めた。そして、地上の最後の拠点でロックハーバーを建設して、空から舞い降りた鉄虫に対抗し滅亡を回避しようとする。
2114年人類滅亡。
しかし、突然発生した悪夢を見て眠りに挙げ徐々に死んでいく病気である<ヒュプノス病>が発生し、人類は滅亡してしまう。
2132年エヴァプロトタイプ、<ヒュプノス病>を克服する方法を発見する(メインストーリー 6-6 OPより)
2214年?主人公発見

管理人/副管理人のみ編集できます